Challenge

【あなたの使命は?】本当にしたいことが農業なのか自分に問う方法

スポンサーリンク

「将来は田舎でのんびり農業をして暮らしたい」「農業法人に就職して農業に関わりたい」と思っている人はいませんか?

田舎でのんびりした暮らしは憧れますよね!

しかし、農業はそんなに甘いものではありませんでした。

筆者は農業法人への就職を考えていましたが、農業インターンや農業バイトがきっかけで、一般的な企業に就職するという大きな方向転換があったのでした。

そこで今回は、農業法人への就職に対する考えと農業法人以外の就職先の探し方について紹介していきます。

スポンサーリンク

必ずしも”趣味=仕事”ではない

筆者は中学生の頃から家庭菜園に興味があり、大学も農学系を選択。

作物が育つ過程を見ながら成長を感じ、やっと収穫できた時の達成感や美味しくできた作物を家族に喜んでもらうのが楽しみでした。

将来は農家になって自由に暮らしたい、まずは農業法人に入って技術を身に付けたい、と考えるようになります。

しかし、筆者は就活の時期になり農業インターンや農業バイトを経験し、想像していた農業と違うことに驚きました。

草抜きや収穫など単純作業が多く、毎日体が痛くなります。

筆者は、自分で試行錯誤しながら、のんびり農業をしたいと思っていたので、とてもきつい作業に感じました。

このように、単価が低い農業では効率が求められるため、全くのんびりできないのです。

調べると、農業法人は休日が少なく、給料が少なく、社員が少ないため、本当に好きじゃないと続けられないということが分かりました。

趣味で行う農業は好きだけど、農業法人に入って続けていくのとでは話が違います。

スポンサーリンク

本当にしたいことは農業?

このように、インターンやバイトがきっかけで本当にしたいのは農業ではないことに気づきました。

これからは自分が就職するべき企業の探し方について紹介していきます。

”本当にしたいことが農業かどうか”はこの質問から見えてくる

  • 農業をしたいと思った原体験は?
  • 農業を通して何がしたいの?
  • なんでそう思ったの?
  • それは農業以外ではできないの?
  • 農業で何を成し遂げたいの?

農業を将来の仕事にしようと思っている人、ちょっと待ってください。本当に心の底から農業をしたいと思ってますか?

上記の質問を自分の心に聞いてみましょう。

なぜ農業をしたいと思ったのか、農業を通して何がしたいのか、深堀をしていくことで答えが見えてくるはずです。

「農業でしか達成できない自分の目標が見つかった!」

「農業は好きだけど自分が本当にしたいことではなかった」

という人も自分の心と真剣に向き合い、気づきを得られたことが素晴らしいですね。

すぐに答えが出る人、なかなか答えが出ない人、頭の片隅に入れて生活している時にふと思いつく人もいます。焦らなくて大丈夫なので、じっくりと考えましょう。

自分の使命が何かを知る

質問を通して考えて欲しいことは、自分の使命は何なのかということです。

一口に農業をしたい!と言っても、農業の技術を学びたい人、作物を育てたい人、農産物を通して人々の笑顔を作りたい人様々ですよね。

自分が本当にしたいことは農業なのでしょうか。それとももっと先に夢があるのでしょうか。

もっと先の夢は、もしかしたらあなたの使命かもしれません。命を使ってしたい思えるようなことを知るだけで、将来の方向性は大きく変わってきます。

あなたの進むべき道が見えたなら、使命を全うできる働き先を探すこともできますし、自ら作り出すこともできますよね。

また、人生を通してこれがしたいと思えるような使命を知ることはモチベーションを高く維持することに繋がり、学びが広がります。夢への近道になりますね。

農業以外でも自分の使命を果たせる

ここまでの話で気付いた方も多いと思いますが農業は手段だということです。

農業を通して何がしたいのかを考えるうちに、農業以外の方が使命を全うできるということに気付いた人もいるでしょう。

それならそれで良いのです。農業が好きだという人は趣味でやっても良いし、使命と農業を組み合わせて何ができるか考えても良いでしょう。

スポンサーリンク

実際の農業を体験したら、また考えが変わることも

ここからは農業が本当にやりたいことなのかを知る方法について紹介していきます。

インターンやバイトを経験してみる

農業に興味がある人は、農業インターンや農業バイトを経験してみましょう。

実際に働くことで農業の良い部分や悪い部分を知るだけでなく、自分が農業界で働くイメージができます。

経験することで思いもよらない課題や興味が湧き出てくるかもしれませんね。

筆者は農業法人でのインターンから今の農業界の課題を発見し、現在の就職先に至っています。

興味のある人は一度経験してみるのがオススメです。

農家に話を聞きに行く

農家に話を聞きに行くのも良いですね。

将来農家になりたい人は、農家がどんな仕事をしているかを見学するだけでなく、

「どうして農家になったのか」や「どのような過程で農家になったのか」など聞いてみるのも勉強になります

自分で作物を栽培してみる

自分で好きな作物を栽培してみるのもアリですね。短期のインターンやアルバイトだと栽培の一部の期間しか関われないことがほとんどです。

ですが自分で栽培するとなると、土づくりから収穫まで一通りのことが経験できます。作物の管理は全て自分で行うため責任が伴います。

栽培に成功しても失敗してもこの経験は自分のとなり、どこかで活きることでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、農業法人への就職に対する考えと農業法人以外の就職先の探し方について紹介しました。

農業はあくまでも手段で、自分の使命を知り、使命を全うすることが大事だと分かりましたね。

”農業の現実を知った上で農業をしたいと思うか”を考えるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク