【肌美人になりたい】剥離ハーブピーリングの効果が気になる

スポンサーリンク
ハーブピーリングやってみたChallenge

「肌がきれいになりたい!」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。肌が整っていないと、人目を気にしてしまったり、何となく気分が乗らなかったり、ネガティブな方向に行きがちです。

そこで今回は、肌美人を目指している人に向けて、話題のハーブピーリングの効果を紹介します。自分の肌に自信が持てない人、高い肌改善効果を期待している人は必見です。

スポンサーリンク

ハーブピーリングとは?

ハーブピーリングとは、天然成分を使って肌の再生を促すピーリング施術の1つです。天然の微細針状粒子を肌に入れ込み、内部から活性化させることで肌のターンオーバーを促します。

ハーブピーリングは、肌を剥離させるものから剥離しないものまで様々な種類があります。一般的に剥離があるハーブピーリングの方が、肌の奥まで成分が入り込むため刺激は強いですが、その分効果も大きいと言われています。ピーリングにはケミカルピーリングなど様々な種類がありますが、ハーブピーリングは肌を無理に剥離させることを目的としていません。肌本来の美しく健康な肌へ導いてくれるのが特徴です。

エステは高い!家でハーブピーリングをしたい

家でピーリング

実は、家でも手軽にハーブピーリングができるって知っていましたか? ハーブピーリングはエステでする人が多いようです。しかし、料金は顔全体で1回約2万円。しっかりとした効果やサポートが期待できるものの、お値段が気になるところです。エステに行ったような効果が期待できるハーブピーリングを家でできたら嬉しいですよね。

今回は筆者のおすすめ「ボタニカルピール Level 7」という剥離しやすいハーブピーリングを使用しました。お値段も4000円程なので、始めやすいのが嬉しいですね。ボタニカルピールは海洋ミネラルを豊富に含む微細針状粒子と11種類の天然ハーブエキスから出来ているそうです。早速、ハーブピーリングの使い方と効果を見ていきましょう。

肌を剥離させたくない人はLevel 1を試してみてください↓

スポンサーリンク

ボタニカルピールの使い方

ボタニカルピール Level 7

使い方はとても簡単。

  1. 洗顔
  2. ボタニカルベースジェルとパウダーを小皿でペースト状になるまで混ぜる
  3. 肌に5分程優しく擦り込む
  4. 軽く洗い流すor拭き取る
  5. 保湿

※使用するピーリングの説明書をよく読んでください。

ハーブピーリング後は日焼け後のような火照った肌になります。次第に赤みや痛みは引いていき、3日目~5日目で剥離して肌が整います。

ピーリングは痛い?

ピーリングを擦り込む

天然の微細針状粒子を肌に擦り込むため、チクチクとした刺激があります。

痛みの感覚は人それぞれですが、筆者は少し痛いなと思う程度でした。正直、エステで施術してもらったハーブピーリングはもうしたくないと思うほど痛かったので、自分で力を調整できる点はとても良かったです。擦り込む時も刺激を感じますが、翌日までは肌を触るとチクッとした痛みがあります。

剥離しないこともある

剥離には個人差がありますが、剥離しないこともあります。剥離をしない原因は以下の通りです。

  • 角質層が厚い
  • 代謝が落ちている
  • 剥離する必要のある角質がない

角質層が厚い人や代謝が落ちている人は、2~3回目のハーブピーリングから剥離することが多いようです。剥離の度合いが肌への効果に直結している訳ではなく、剥離しなくても十分な効果はあるので安心してください。

アフターケア

ピーリングをした後の肌は想像以上に敏感になっています。そのため、ケアを間違えると赤みが引かなかったり、前の肌よりもごわごわになってしまったりする恐れも。アフターケアの良し悪しによってピーリングの効果をより引き出せるか否かが決まります。

ニキビが悪化するのは好転反応

アフターケアの前に知っておきたいのが好転反応。好転反応とは、体の悪い部分が回復する過程で一時的に症状が悪化することを指します。ピーリングした後に、一時的にニキビが悪化したり、肌の調子が悪くなったように見えたりすることがあります。肌に溜まっていた老廃物を出すためこのような症状が現れますが、肌内部は好転しています。肌がきれいになる前段階ということですね。

好転反応の時期に出たニキビは、肌が活性化しているためニキビが出るのが早く、治りも早いのが特徴です。ニキビができてしまったら、肌が良くなっているサインと思い、治るのを待ちましょう。好転反応の期間は1~4日程度です。もちろん、好転反応が出ない人もいます。

保湿と洗顔

気になるアフターケアですが、筆者が大切だと感じているのは保湿と洗顔です。日々の保湿よりも念入りにする必要があります。ピーリング後は肌が活性化して表面温度が高くなるため乾燥しやすくなります。そのため、油分で肌をバリアすることが大切になります。こまめに、保湿をして乾燥を防ぎましょう。

説明書には洗顔のことは書いてありませんが、実は重要なのが洗顔です。ピーリング当日は洗顔はしませんが、翌日から洗顔OKです。肌に細かい粒子が突き刺して肌を活性化しているので、少しチクチクするかもしれませんが優しく朝と夜洗顔しましょう。洗顔のポイントは、擦らず優しく洗うことです。なので、洗浄力の高い洗顔料は控えましょう。筆者は、以前洗顔しない方が剥離の効果が高まると教わったのですが、洗顔をした方が1, 2週間後の肌状態が良くて驚きました。洗顔をこまめにすることで、肌を清潔に保ち、ターンオーバーを手助けしてくれるのかもしれませんね。

日焼け対策

ピーリングした後に忘れてはいけないのが日焼け対策です。ピーリングで肌は敏感な状態になっています。ピーリング後1週間は日焼け止めを必ず塗りましょう。

また、ピーリング後の化粧はOKですが、剥離期間中は化粧のりが悪くなります。軽く日焼け止めくらいがちょうど良いかもしれませんね。

剥離しかけた皮膚を剥がすのは厳禁

ピーリング後に一番してはいけないのが、剝離しかけている皮膚を自分で剥がしてしまうこと。剝離が始まると、ポロポロと皮膚表面が剝けていきます。特に乾燥していると剥離しているのがよくわかりますが、自分で剝がしてはいけません。剝がしたくなる気持ちを抑えて、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。

効果は実際どうなの?

剥離はどのくらい?

剥離の度合いは、肌状態や箇所、自身の体調によって異なるといわれています。剝離がなかったら効果がないという訳でもないので、個人差として捉えてください。

筆者の場合は3日目の朝起きたら鼻の周りから剥離が始まっていました。剥離の程度は、小さな消しカスが出るような感じで軽く薄皮が剝けたくらいでした。よく見れば剥離しているなと気付く程度だったので、洗顔と保湿をすれば目立たなくなりました。4日間かけてじわじわ頬や額等も剥離しました。今までは2日程度で剥離が終わる時もあったので、今回は長い方だったように感じます。剝離の時の痛みは全くありません。

肌のごわつきが無くなった?

ハーブピーリングをして一週間後から肌への変化を感じる人も多いことでしょう。筆者が感じた肌の変化を紹介します。

  • ニキビが減った
  • ニキビ跡が薄くなった
  • 肌のごわつきが無くなり、すべすべになった
  • 毛穴が目立たなくなった

ピーリング前と比較して、筆者が一番驚いたのが肌のすべすべ感でした。化粧水などをつけるときに凹凸が少なくモッチリとした頬になり、一皮むけた感がありました。肌への悩みが1つ減ったような感じです。また肌の余分な角質が取れたからか、毛穴も前より目立たなくなりました。今回使用したピーリングは、月1回の使用を推奨していますが、これを続けたらすっぴん美人になれそうですね。

今の肌からどのくらい肌がきれいになるのか気になる人もいると思います。筆者も始めはつるすべ美肌になることを夢見ていましたが、現実はさすがに一度のハーブピーリングでは赤ちゃんのつるすべ肌になるほど剥離はしません。ただ、前より肌の凹凸が減ってすべすべになったり、ニキビ跡が薄くなったり、普段のスキンケアより早く効果を実感することができます。肌が気になるという人は何回か定期的に剥離することで徐々に赤ちゃん肌に近づいていきますね。

おわりに

いかがでしたか? 今回は話題のハーブピーリングの効果を紹介しました。

筆者はニキビ肌にずっと悩んでいましたが、大学入学前にハーブピーリングに出会って自分に少し自信を持てるようになりました。今の肌状態から脱却したいという人は、是非ハーブピーリング使ってみてくださいね。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました