Love

彼氏・彼女の存在を親に言うべきか、言わないべきか

スポンサーリンク

親に毎回デートの度に嘘をついて出かけるのは面倒ですよね。

彼氏・彼女の存在を親に言うか言わないかで迷ってるという人も多いのではないでしょうか。

親に言うタイミングがなかっただけで、別に隠しているつもりはないのに、なぜか心がスッキリしないですよね。

そんな人のために今回は、彼氏・彼女の存在を親に言うメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

親に恋人の存在を言う”メリット”

嘘をつかなくていい

彼氏・彼女とデートに行く際、「友達と遊びに行く!」と親に嘘をついたことのある人も少なくないと思います。

「誰と行くの?」「どこに行くの?」など、親から首を突っ込まれると返答に困りますよね。

そんな時、辻褄が合うように嘘をつく必要があり、妙に神経を使います。

しかし、恋人の存在を親に言っておくだけで、隠して遊びに行くことも嘘をつくこともなくなります

嘘をつかずに堂々と立ち振る舞いができると、心苦しくなく外出ができますね。

応援してもらえる

親に存在を打ち明けると、多くの親は応援してくれるようになります。

親に応援されるのは恥ずかしい気もしますが、温かく見守ってくれたら嬉しいですよね。

また、親から「今度ここに2人で行ってきたら?」「○○くんは元気?」と気遣ってくれるようになるので、2人でいる時間を作りやすくなります。

筆者も、親に打ち明けるときは恥ずかしかったですが、オープンにしたことで変な気恥ずかしさがなくなり、応援してもらえるようになりました。

家族との予定を強制されなくなる

恋人がいないと公言していると、家族で出かける予定がある時に、あなたは家族から絶対参加するものだと思われてますよね。

いつもは断らないのに突然断れば、「どうしたんだろう?」と思われます。

怪しまれる確率は大ですね。

隠し通そうとすると、なかなかデートの時間が作れないということも。

親だけでなく家族に公言しておけば、プライベートの予定を重視してくれるようになるので、無駄な気遣いをする必要もありません。

嘘をついて断る必要もないので、安心してデートに行けますね。

親が安心する

年頃の子供を持つ親なら、我が子に彼氏や彼女の存在がいるかどうか気になりますよね。

我が子には恋人ができないかも、と心配している親ならなおさらです。

親に彼氏・彼女の存在を打ち明けることで、素敵な人がいるならよかった、と安心してもらえます

恋愛をして楽しく生きてるよ、と伝えることも、実は親孝行なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

親に恋人の存在を言う”デメリット”

詮索される

親に打ち明けるということは、あれこれと詮索される可能性があります。

親によっては、「名前は?」「どこで出会ったの?」「何をしている人なの?」と相手の人の特徴を、根掘り葉掘り聞いてくるかもしれません。

めんどくさいと思うかもしれませんが、我が子の恋人がどんな存在なのか気になる親の気持ちも分かります。

筆者は、その場では「名前は?」や「写真を見せて!」としか言われず拍子抜けしましたが、時々恋人の話になると「スポーツはなにしてた人なの?」「好きな食べ物は何?」などと聞かれます。

好きな人の話なので、余分なことまでホイホイ話してしまってますが(笑)

親の心配事が増える

「変な子と付き合ってないだろうか」と親の心配ごとが増えることも考えられます。

しかしこれは、しっかりと説明することで、ほとんどは安心させることができます。

それでも心配そうにしていたら、両親に恋人を会わせましょう。

2人のことを安心して応援してもらえるようにできるといいですね。

行動が制限される可能性

厳しい親の場合は、親に恋人の存在を打ち明けたことで、行動が制限される可能性があります。

「え、そんなことってあるの?」と思うかもしれませんが、友達なら許されることが異性になるとダメと言われるなど、逆に行動範囲が狭くなってしまう可能性もあります。

実家暮らしの人は、親が時間管理などをしやすい環境にいるので要注意です。

どちらか一方でも実家暮らしの場合、2人だけでの旅行や宿泊が許されないかもしれません。

心配してくれている親の気持ちも分かりますし、心配してくれるのは嬉しいですが、温かく見守っていて欲しいですよね。

筆者の友人でも、3年も付き合っていながら未だに泊りが許してもらえないという人がいます。親が厳しいと確信している人は、打ち明けない方が得策かもしれませんね。

スポンサーリンク

親に言うべきか言わないべきか

親に彼氏・彼女の存在を言うかどうかはとても悩みますよね。

ここまでを振り返ってわかる通り、メリットデメリットがあります。どちらが良くて、どちらが悪いという訳ではありません。

言うかどうかの決定権は、あなたにあります。

メリットデメリットを踏まえて、自分が親とどういう関係になりたいのか、を今一度考えて決めましょう。

自分から親に言えない人へ

言いたいけど恥ずかしくて自分から親に言えないという人は、言わざるを得ない状況を作りましょう。どうしたら、勇気を出して言えるのでしょうか。

以下の記事では言わざるを得ない状況の作り方についても紹介しているので、気になった人は参考にしてみてくださいね。

【なんで親に言わないの?】彼女がいることを隠す男性の心理とは「そのうち親に言うよ」と言いながら、なかなか親に言ってくれない彼氏に腹が立ちますよね。彼氏が親に付き合っていることを言ってくれないのはなぜなのでしょうか。今回は、親に彼女がいることを言わない男性の心理について、筆者自身の体験も交えながら紹介していきます。...

最後に

いかがでしたか?

今回は、彼氏・彼女の存在を親に言うメリット・デメリットと、恋人の存在を親に言うべきか言わないべきかについて紹介しました。

人によって置かれている環境が違うため、親に言った方がいいのか言わない方がいいのかには正解がありません。

今回紹介したメリットデメリットを踏まえて、自分が親とどういう関係になりたいのか、をもう一度考えてみて、自分にとってベストな選択ができればいいですね!

スポンサーリンク