Challenge

【検証】ドリップ温度でコーヒーの味はどのくらい変化するのか

スポンサーリンク

「コーヒーは何℃で淹れるのが適温なの?」

「コーヒーの雑味が気になる!雑味を出さない方法ってあるの?」

など、コーヒー初心者にとってコーヒーに関する疑問は尽きないですよね。

実際にコーヒーをおいしく淹れるためのお湯の適温を調べてみると、85℃~90℃だと書いてある記事を発見しました。

かめ

何っ?!

いつも沸かしたての熱々のお湯で淹れていたんだが。

温度にこだわればいつものコーヒーがもっとおいしくなるってこと!?

85℃~90℃でコーヒーを淹れるのがいいことが分かりましたが、

本当においしくなるのか気になりますよね。

また、他の温度で淹れる場合と比較して、どのくらい味に違いが出るのでしょうか。

そこで今回は、100℃95℃90℃85℃のお湯でドリップパックコーヒーを淹れてみて、どのくらい味に違いが出るのか、どの温度で淹れるのが一番おいしいのかを検証してみました。

どの温度で淹れるコーヒーがおいしいのかが分かれば、いつものコーヒーブレイクがより楽しい時間になりますね!

こんな人におすすめ!
  • ドリップ温度による味の違いを知りたい人
  • お湯の温度を気にせずにコーヒーを淹れていた人
  • よりおいしくコーヒーを飲みたい人
  • コーヒーについて詳しく学びたい人
スポンサーリンク

どうやって検証したの?

今回使用したコーヒーは「モカ」

準備したもの

今回は、ブルックスのドリップパックコーヒーの“モカ”を使用。

モカの特徴
  • 芳醇な甘い香り
  • フルーティーで爽やかな酸味
  • 苦みはひかえめ
  • なめらかな舌触り
  • スッキリとした後味

モカは香り高く酸味と苦味のバランスも良いため、評価の対象として選びました。

モカの特徴を一番引き出せる温度は何℃なのでしょうか。

ところで、ある記事には、

ブルックスのドリップパックコーヒーは95℃~97℃のお湯で淹れると良いという情報が!

こちらも含めて検証していきます。

かめ

ブルックスコーヒー、今ならお試しセットで50袋もゲットできるのでおすすめ!

1杯39.6円で飲めて、味も美味しいのだ!

ブルックスのコーヒーについて詳しく知りたい人は以下の記事を読んでみてね。

ブルックスコーヒーのお試しセットでコスパ良く飲み比べができる!「毎日コーヒー飲みたいけど、どんなコーヒーを選べばいいか分からない」という人はいませんか?毎日コーヒーを飲むなら、美味しくてコスパのいいコーヒーが飲みたいですよね。そこで今回は、筆者がブルックスコーヒーお試しセットを購入してみたので、そのレビューと口コミを紹介していきます。...

「酸味/苦味/香り/雑味」の4つで比較

今回は、コーヒーを淹れる際のお湯温度を100℃、95℃、90℃、85℃と変え、コーヒーのおいしさを比較しました。

  • 酸味
  • 苦味
  • 香り
  • 雑味

コーヒーのおいしさは上記の4つの項目で比較します。

方法

抽出過程
  1. 紙コップにドリップパックをセッティングしておく。
  2. 電気ケトルでお湯を沸かし、計量カップに140mL量り取る(あらかじめ軽量カップはお湯で温めておく)。
  3. 温度計で湯温を計り、設定温度になれば、コーヒーの粉が全て湿るくらいドリップパックにお湯を入れる。
  4. 20秒間蒸らす。
  5. 残りのお湯をドリップパックに全て入れる。
  6. 抽出液が全て滴り落ちる前にドリップパックを紙コップから外す。

※淹れた直後と冷めた後では、コーヒーの味わいが変わってくる可能性があります。そのため、淹れた直後と他のコーヒーを淹れている途中、冷めた後で飲み比べ、総合的においしさを判断しました。

湯温以外の条件は全て一定にしています。

スポンサーリンク

結果

評価は1~5でつけ、強度のより強いものを5、弱いものを1としました。

温度別のおいしさ評価は以下の表をご覧ください。

ドリップ温度酸味苦味香り雑味
100℃4515
95℃3442
90℃3351
85℃4243

香り

「香り」ランキング
  1. 90℃のコーヒー
    • 90℃のコーヒーはめちゃくちゃ良い香り。モカ特有の甘い香りがして幸せな気分に。
  2. 95℃、85℃のコーヒー
    • 95℃と85℃のコーヒーは、90℃のコーヒーには劣るが良い香り。95℃と85℃では、95℃の方がコーヒーらしい甘い香りをより感じた。
  3. 100℃のコーヒー
    • 100℃のコーヒーは全く香りがしなかった。
かめ

飲み比べて分かったんだけど、100℃のコーヒーは本当に香りがない…!

今まで、100℃で淹れていたコーヒーが当たり前だと思っていたのでショック。

酸味

「酸味」ランキング
  1. 100℃、85℃のコーヒー
    • 100℃のコーヒーは口に残るような酸味。一方、85℃のコーヒーはえぐい酸味。両方美味しくはない酸味。
  2. 95℃、90℃のコーヒー
    • 95℃のコーヒーはいきなり来る少し尖った酸味。それに対し、90℃のコーヒーはまろやかな酸味を感じた。
かめ

酸味にも色々な種類があるみたい。

90℃の酸味は、口に残らずまろやかでフルーティー!

苦味

「苦味」ランキング
  1. 100℃のコーヒー
    • 100℃のコーヒーは苦い!というよりこれはもう雑味?!
  2. 95℃のコーヒー
    • 95℃のコーヒーはちょっとえぐみのある苦み。
  3. 90℃のコーヒー
    • 90℃のコーヒーはすっと抜ける後味で程よい苦み。
  4. 85℃のコーヒー
    • 85℃のコーヒーは苦みをあまり感じず、味が薄め?
うさぎ

温度が高いほど、苦味が出やすいんだね!

雑味

「雑味」ランキング
  1. 100℃のコーヒー
    • まずい。100℃のコーヒーは雑味、えぐみの塊。
  2. 85℃のコーヒー
    • 85℃のコーヒーは、100℃ほどではないが少し雑味。まだ美味しい成分が抽出できていないのかも。
  3. 95℃のコーヒー
    • 95℃のコーヒーは少しの雑味。
  4. 90℃のコーヒー
    • 90℃のコーヒーは雑味、えぐみもなく、スッキリとして美味しい!
かめ

高い温度でも低い温度でも、雑味が出るんだ。

雑味を抑えて旨みを引き出すのがポイントだね!

まとめ

結論、

90℃で淹れたコーヒーが一番おいしい!!

あらゆる書籍で90℃で淹れた方がいいと言われる理由が、よく分かりましたね!

沸騰したお湯ではなく、90℃のお湯で淹れることで、

雑味が抑えられ、香りなどの旨みが最大限に引き出されるのがその理由です。

なぜ90℃が良いのかが分かれば、あなたも毎日おいしいコーヒーで、一日を幸せに過ごせることでしょう。

いつも飲んでいるコーヒーの種類は何ですか?

是非、特徴を調べてみてください!

おいしく淹れられているかが分かります。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?

様々な温度のお湯でコーヒーを淹れて味を比較した結果、90℃で淹れたコーヒーが一番おいしいことが分かりました。

今回はブルックスコーヒーの”モカ”を使用しましたが、他の銘柄や他のメーカーのコーヒーでは、お湯の最適温度が変わるかもしれません。

普段飲んでいるコーヒーの最適温度を自分で探してみるのも面白いですね!

スポンサーリンク