Challenge

【キャンプや家飲みで大活躍】段ボールで簡単!燻製作り

スポンサーリンク

燻製を作りたいけど、燻製器を買うほどじゃない

そんな人も多いのではないでしょうか。

燻製器があれば、バーベキューや夜ごはんのおつまみに、手軽に燻製チーズやベーコンを作れちゃいます。

  • 燻製器は欲しいけど、置く場所がない
  • どれだけ使うか分からない
  • 燻製器を買うまでもないけど、燻製を楽しみたい

そんな人のために、

今回は段ボールで作る燻製器について紹介します。

材料費も安く、時間と材料さえあれば美味しい燻製ができるのでおすすめです!

こんな人におすすめ!
  • 燻製した食べ物が好きな人
  • お手軽に燻製を楽しみたい人
  • いつもとは一味違うキャンプ・バーベキューにしたい人
スポンサーリンク

段ボール燻製器

段ボール燻製器は、通常の燻製器と同様に幅広い食材に使うことができます。

  • チーズ
  • 魚・海老・貝
  • ナッツ  など

燻製の形態としては、80℃以上で燻す「熱燻」、30~80℃で燻す「温燻」、30℃以下で燻す「冷燻」がありますが、段ボール燻製は温燻の部類に入ります。

スポンサーリンク

段ボール燻製器の作り方

材料

  • 段ボール
  • アルミホイル
  • ガムテープ
  • 紐や針金等

段ボールは大きすぎても小さすぎても良くありません。網が中にピッタリと納まるサイズのものを選びましょう!

段ボールは無料。全材料合わせても500円で収まります。100均でさくっと揃えちゃいましょう!

レシピ

材料を準備。

早速作っていきましょう!

段ボールの内面にアルミホイルをテープで貼る。

※アルミホイルは、

  • 高温になった時に段ボールが燃えないようにするため
  • 気密性をよくするため
  • 内部の汚れを防ぐ

等の役割を果たす。引火の危険がない場合・すぐに作りたい場合・何度も使わない場合は、全体にアルミホイルを貼る必要はない。

段ボール中に網を取り付ける。

筆者は麻紐で吊るすようして取り付けました。網を取り付けられれば、取り付け方はなんでもOK!

段ボールに穴を開けて、麻紐で縛った網を取り付けました。

しっかりと、取り付けたら、上段には食材、下段には火をつけた燻製チップを仕込みます。

アルミホイルや段ボール等で入り口を塞いだら完成!

しっかりと燻されていれば、隙間からもくもく煙が出てきます。

あとは、燻製時間を調整してください。

スポンサーリンク

段ボール燻製器を使って燻製を作ってみよう

燻製チップに火をつけて、食材を網において燻していきます。

スモークチーズやベーコンを作っていきますよ!

スモークチーズ

スモークチーズは30分~40分ほどで色づき、美味しくなります。

好みに合わせて燻製時間を調整しましょう。

出来上がったら、そのままおつまみとして食べられます。

めっちゃ旨い!

手が止まらず、一瞬でなくなりました。定番ですが、やはり美味しさは格別です。

スモークベーコン

一般的には、ブロック肉でベーコンを作る人が多いですが、今回は売っていなかったので豚バラ肉で作ってみました。

塩で下味をつけて水分を拭きとったら、中に仕込みます。

1時間~1時間半ほど燻したら、良い色になっていました。

あとは、食べたいときにフライパンで焼いて頂きます。

いい香りがして、最高です。とにかく、ビールに合う!

冷蔵庫に保存すれば日持ちするので、ベーコンエッグや野菜炒めにも重宝できます。

筆者のおすすめは上記2つに加え、スモークサーモンや燻製牡蠣のオリーブオイル漬け!

気になる人は作ってみてください。最高に美味しいですよ!!

食材の温度管理や調理方法は食材によって異なります。

食中毒にならないように十分注意してください!

おわりに

今回は、段ボール燻製について紹介しました。

段ボール燻製は意外に簡単に作れて、美味しい燻製が食べられるのでオススメです!

外で一から作る燻製器だからこそ、愛着が湧いてより美味しく感じます。興味が湧いた人は、是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク