初デートと2回目のデートでは女子の着眼点が違うってホント?!マッチングアプリ攻略

スポンサーリンク
マッチングアプリやってみた-2回目のデート編Love

「初デートと2回目以降のデートでは、女の子が男性を見るポイントが違うというけれど、具体的に何が違うの?」「2回目のデートの約束をしたけど、どんなことに気を付ければいいの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

女の子は、2回目のデートでは”付き合ってからのこと”を考え始めます。どういう人なら今後付き合っていくことができるのか、今回は2回目のデートで女の子が見ているポイントとその対処法について紹介します。

スポンサーリンク

好きになれるかどうか

一目ぼれをする女の子もいれば、徐々に男性を好きになる女の子もいます。後者の場合、デートを重ねるたびに「好きかも、いや、そうでもないかも」と自問自答を繰り返しながら、自分の気持ちを確かめます。

お付き合いをするならば、女の子も男性のことを好きになってから付き合いますよね。初めてのデートで女の子から好印象でも、そのままでは良い人止まりで終わってしまう可能性も。

良い人というイメージを卒業して、好きという感情を芽生えさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

ドキッとする瞬間を作る

「初デートで友達っぽい雰囲気になってしまった」という人は女の子をドキッとさせる瞬間を作りましょう。ドキッとする瞬間を作ることで友達感覚から卒業し、一気に恋愛が加速します。では、どうやって女の子をドキッとさせれば良いのでしょうか。

おすすめは、カップルがしていることをマネすること。お互いの距離を近くしてみたり、カップルが行きそうなスポットに足を運んでみたり。良い雰囲気ならば、手をつなぐのもありかもしれません。お互いを異性として認識できれば良いでしょう!

少しの気遣い

飲み物こぼしてしまった時にさっとハンカチを差し出すなど、男性の少しの気遣いに女の子はキュンとします。「女の子が困ってそうだな」と思った時には進んで助けてあげましょう。体調が悪かったり、靴擦れをしていたり、男性に言いたくてもなかなか言えない女の子もいます。少しの変化にでも気付けるように、常に気にかけてあげましょう。

ドアを先に開ける、重い荷物を持つなどのレディーファーストができるとなお良いでしょう。女の子は自分ができないことを軽々とやってのける男性の姿に、男らしさを感じます。良いところを見せたくなってしまいますが、あからさまに行うのではなくさりげなく行うのがポイントです。

尊敬される一面を見せる

自分の得意分野をアピールするのはとても効果的です。筋トレを頑張っているなら筋肉を女性に触ってもらったり、読書が趣味ならばお気に入りの1冊を見せたり。自分にしかできないことをアピールしてみましょう。女の子は自分にない一面をもつ男性のことを「カッコ良い」「素敵だな」と思います。

頼りがいがあるというのも、とても魅力的。車の運転が出来たり、お店の予約を率先して取ってくれたりする男性は、「何事も安心して任せることができる」と評価が高いです。安心感や包容力を女の子にアピールできますよ。

自分の得意分野をアピールするだけではなく、相手の得意なこともついでに聞くと◎ お互いの得意なことを話すことで、心の距離が縮まるのはもちろんのこと、意外なところで話が盛り上がるかもしれません。自分の得意分野だからと言って、くれぐれも話が止まらなくなるのは気を付けてくださいね。さりげなくアピールするのが吉ですよ。

弱みもさらけ出す

女の子の前だと、変に強がってしまったり、自分の良いところばかりアピールしていませんか?

実は、少し自分の弱みを見せる方が好感が持たれやすいのです。付き合っていくことを考えたら、長いお付き合いになりますよね。どれだけ良い自分を見せようとしても、長期間維持し続けるのは難しいものです。付き合ってから、「こんなんじゃなかった!」とならないためにも2回目のデートで少しずつ、ありのままの自分を見せられると良いでしょう。「弱みを見せたら嫌われてしまうかも」と思う人もいるかもしれませんが、女の子は意外にも男性の弱い部分を「かわいいな」と思ってくれますよ。

また、弱みをを見せることで心の距離はぐんと縮まります。「完璧にできる人かと思っていたけれど、こんな一面もあるんだ」と共感を生み、女の子自身の苦手なことや話しづらいことも話しやすい雰囲気になります。

自分の弱みを見せて、受け入れてもらえなかった場合も落ち込む必要はありません。その人とは縁がなかったと思って、次の恋に進みましょう。隠して付き合っても良いことはないので、ありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけましょう。

スポンサーリンク

価値観が合うかどうか

今後、一緒にいることを考えると、譲れないものは誰にもありますよね。人間なので全て同じ価値観を持っていることはありませんが、譲れない価値観だけは今後お付き合いに発展しても重要になってくるので、男女共に自分に問いかけてみる必要があります。

2回目のデートでは、女の子も男性がどのような価値観を持っているのか知りたいと思っています。では、女の子はどんな価値観について気にしているのでしょうか。

付き合い方

今後付き合うことを考えると、お互いの生活に相手が入ってくることを考える必要があります。お互い恋愛に対する価値観がある程度一致していないと、どちらかだけに不満が募り、関係性がギクシャクすることに繋がります。男性は週1で十分と思っていても、女の子は週に最低5回は会いたいと思っているかもしれません。お互いの価値観を知ることで付き合ってからどのような関係性を築いていくのか、具体的なイメージをすることができます。

女の子に恋愛の価値観に関する質問をされたら、強がらずに自分が思っていることを言いましょう。ただし、元カノの話を持ち出すのは厳禁。2人だけの関係を築いていきたい女の子は、比較されているようで良い気分にはなりません。彼女いない歴イコール年齢の男性は、分からなければ”実際に付き合ってみなければ分からない”と素直に伝えましょう。

金銭感覚

どのくらい稼いで、どんなことにお金を費やしているのか気になりますよね。金銭感覚は付き合う上でもかなり重要な価値観の一つ。そのため、女の子はデート中の様々な場面で男性がどんなことにお金を使うのか厳しくチェックしています。

当日の服装にお金をかけているかどうか、昼食でどんな店を選んで何を食べるか、どんな趣味を持っているかなど、女の子は自分の価値観と照らし合わせて男性の価値観を判断します。変に隠したり繕う必要はありませんが、自分のお金の使い方は客観的に見てどう思われるのかを知っておくと良いでしょう。

食の嗜好

食の好みが合うと、美味しいごはんの味を共有し合えたり、外食へ行きやすかったり、良いことだらけですよね。

女の子も自分が美味しいと思ったものを共感できるというのは嬉しいものです。 食の好みも変に隠したり繕ったりする必要はありません。 好きな食べ物や最近ハマっている食べ物などからお互いの嗜好を知ると良いでしょう。

友人関係

友人は自分の鏡です。女の子は、男性にどのような友人がいるのか、どのような友達付き合いをしているのかなど、友人関係の話から男性の性格や価値観を勝手に推測します。したがって、男性が「毎日友達と集まって飲み会をしている」なんて言うと女の子は「付き合っても自分のことは大事にしてくれなさそう」「酒癖が悪いのかな」と勝手にマイナスのイメージに捉えてしまいます。

友人にも色々な性格の友人がいると思いますが、自分が尊敬している友人やこれからも仲良くしたい友人の話など、話の切り取り方次第で印象は大きく変わってきます。自分の友人関係の話をする際は、ポジティブな側面の話をするのが良いでしょう。良い面を見せたくなっても、嘘をつくのはダメですよ。付き合ってからバレたら修羅場です。

酒・たばこ・ギャンブル

お酒好きやたばこ好きな男性は、同じ価値観を持つ女の子でないと受け入れてもらえない可能性があります。 お酒好きやたばこ好きの女の子を求めるならば、マッチングアプリでお酒やたばこについての価値観が合う女の子かどうか確かめてからデートをするのが確実です。しかし、デートでしか分からないこともありますよね。月にどのくらいのお金をお酒やたばこに使っているかや、どのくらいの量を飲む・吸うか、飲んだら人格が変わらないかなど女の子が気になるところはたくさんあります。

多くの女の子は、たばこやギャンブルは嫌いで、お酒については嗜む程度の男性を好みます。女の子受けが悪そうな生活をしている自覚がある人は、今すぐ生活を見直しましょう。彼女が欲しいならば、そこは頑張ってくださいね。

おわりに

今回は2回目のデートで女性が見ているポイントとその対処法について紹介しました。

『同じは嬉しいが違いは尊い』という言葉があります。一緒の価値観を求めるのも大切ですが、異なる価値観を受け入れる大きな心でデートをすると良い結果が生まれそうですね。

彼女をつくって、楽しい学生生活を送ってくださいね。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました