Challenge

【寝たくても寝付けない人必見】眠れない夜はアロマで快眠!

アロマの香りで寝てみた
スポンサーリンク

前までは、どこでも寝られる体質だったのに最近寝られなくなった。明日の面接やデートにドキドキしてなかなか寝付けない。寝たくても寝付けないは思った以上にきついですよね。

そんな時はアロマがおすすめ。今回は、不眠に悩む筆者が実際にアロマを使ってみた効果や知っておきたい香りの使い方を紹介します。これで、どんな悩みがあってもぐっすり眠れますね。

スポンサーリンク

眠れない夜

寝ようと思うほど目が覚める、次の日の予定に緊張してしまって眠れない、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。ドキドキして目が覚めてしまったり、いつもどうやって寝付いていたか分からなくなったり、ベストなポジションが決まらなかったり、眠れない夜は本当に長いです。

筆者は就活中だからなのか大学生ながら最近不眠に悩んでいます。寝付けないまま気付いた時には空が明るくなり始め、「あー、また寝られなかった」と落ち込みます。寝られるようにカフェインを取らないようにしたり、寝る前に携帯を見るのを控えたり、眠りに良いといわれる方法を色々と試してみました。その中でも効果があったのは、寝る前にアロマの香りを嗅ぐことです。

本当に香りが眠りの質に作用するのか、始めは半信半疑だったものの、使ってみると驚くべき効果を実感しました。今回は、そんな私の実体験について紹介します。

スポンサーリンク

ラベンダーの香りが眠気を誘う?

精油とアロマオイルの違い

エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違いはご存知ですか。違いが分かれば、使用方法や効能も上手く使いこなすことができますね。

エッセンシャルオイル(精油)は植物から作られる天然成分の揮発性油。植物の花や葉、果皮、根、樹脂などから抽出されて作られます。天然成分で出来ているため、お値段は多少高めですが、自然な良い香りが楽しめます。

一方、アロマオイルは合成香料を含有する揮発性油。エッセンシャルオイルや人工的に作られた香りを油に溶かしたものを指します。エッセンシャルオイルよりも買い求めやすく、手軽に香りを楽しむことができます。効能を期待する人や人工的な香りが苦手な人には向いていません。

どちらも良い香りがしますが、同じ香りであってもエッセンシャルオイルとアロマオイルでは効能に差があります。眠りたい、リラックスしたいなど特定の効能を求めて選ぶなら、エッセンシャルオイルをおすすめします。

体の調子で良い匂いが変わる?

エッセンシャルオイルを買う時にはオンラインでも買うことができますが、実際に嗅いでみて買うのが一番良いですね。実は、体の調子によって良い匂いだと感じるエッセンシャルオイルの香りが変わってきます。例えば、体が冷えている時にはジンジャーの香りがとても良い匂いに感じるという具合です。香りが自分の体にとって必要なものを教えてくれているのかもしれませんね。

エッセンシャルオイルの効能

筆者が使用したのは、ラベンダーとベルガモットのエッセンシャルオイル(精油)。ラベンダーのみの香りを探していたものの、香りが強すぎると感じたため、2つの香りがミックスされたエッセンシャルオイルを購入しました。不眠に有効とされるラベンダーとベルガモットの効能について紹介します。

生活の木-Lavender Hill

ラベンダーの効能

神経バランスを整える働きがあり、不安による不眠に有効。免疫を活性化作用やリラックス作用も持つ。

ベルガモットの効能

神経バランスを整える。緊張や不安による不眠に有効。落ち着きたい時、気分を上げたい時の両方に効果がある。

エッセンシャルオイルは、種類によって様々な効能を持っています。不眠に有効な香りを嗅いでみて、自分に合うエッセンシャルオイルを選びましょう。自分の好きな香りで癒されながら、眠りにつけるのは幸せですね。

  • ラベンダーの香りは不眠解消・鎮静作用を持ち、この効能を発揮させるにはエッセンシャルオイル(精油)を選んだ方が良い。
  • 体の調子によって良い匂いと感じる香りが変わる。
スポンサーリンク

誰でもできる簡単な使い方

アロマディフューザーなどの機械を使用しても良いですが、手軽にできる精油の使い方を紹介します。

いつ使えばいいの?

眠る少し前に、香りをセットします。直接嗅がなくても良い香りは部屋中に広がります。部屋中に広がった香りは、濃くなくフワッと香る心地よさがあります。ゆったりとした気分になれますね。

ラベンダーの香りは、体に眠りのスイッチを入れるものというイメージです。なので、起きている時は嗅がないというのが良い眠りの秘訣でしょう。

使用方法

エッセンシャルオイルは刺激が強く、肌に直接触れるのに向いていないものもあります。ラベンダーの精油は比較的刺激が弱い物ですが、肌に直接触れないように使用するのが良いでしょう。

コップの水に1,2滴垂らす

寝る前にコップや器に水を入れて、エッセンシャルオイルを1,2滴垂らすだけでとても良い香りが部屋中に広がります。水をお湯に置き換えれば、より香り成分の揮発を促進してくれます。蒸気が部屋を潤してくれるので、喉が乾燥するという人にもぴったりですね。

スプレーに入れて撒く

小さいスプレーボトルに、水とエッセンシャルオイルを1,2滴入れて振るだけでアロマスプレーの出来上がり。シュッシュッと部屋に撒けば、すぐに良い香りを実感できるでしょう。使い切るのに何日もかかるので、毎日作るのが面倒くさいという人には良いですね。エッセンシャルオイルも少量で済むので、節約にもなります。撒きすぎはカビの原因になるので、ほどほどにしてくださいね。

筆者もびっくり!実感した香りの効果

ラベンダーとベルガモットの香りはどんな効果があったのでしょうか。実感した効果は以下の2つです。

  1. 寝付きがよくなった
  2. ドキドキして寝られないことが無くなった

以前までは、寝付きが悪く布団に入ると目がパチパチして眠れないことが多くありました。しかし、エッセンシャルオイルを使い始めた当日の夜から寝られるようになりとても驚きました。夜中にハッと目が覚めることは皆無にはなりませんでしたが、朝が来るのがあっという間になったのが一番嬉しいです。

筆者は生活の木というブランドのLavender Hill(ラベンダーヒル)という精油を購入しました。気になる方は下記のリンクから購入することができます!

おわりに

いかがでしたか? 今回は、不眠に悩む筆者が実際にアロマを使ってみた効果や知っておきたい香りの使い方を紹介しました。

個人差がありますが、眠りに悩んでいる人は是非挑戦してみてくださいね。面接やデートなどのドキドキに左右されず、ぐっすり眠れるかもしれません。

スポンサーリンク