Challenge

【検証】お酒に弱い大学生が1週間お酒を毎日飲んでみた

1週間飲み会生活
スポンサーリンク

お酒に弱くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。飲み会では自分のペースでお酒が飲めないので辛いですよね。筆者もお酒に激弱で、飲むとすぐに顔が真っ赤になってしまいます。どうにかしてお酒に強くなることはできないかと考え、思いついたのが毎日お酒を飲むことでした。

今回は、1週間毎日友人と飲みに行ったらお酒に強くなるのか検証してみたので、その結果を紹介します。

スポンサーリンク

1週間お酒を毎日飲んだ結果

1週間お酒を毎日飲んだら体はどう変化するのでしょうか。

筆者は一気飲みするような飲み会ではなく、語り合いながら飲む飲み会を1週間経験しました。人と飲むお酒は美味しいと言いますよね。お酒に弱くても飲み会の時間を楽しむことができました。

顔は赤くならなくなった?

筆者はもともとお酒が弱く、数口飲めば顔がみんなに心配されるほど真っ赤になる体質です。これは一週間お酒生活をすることでどう変化したのでしょうか。結論、全く変わりませんでした。真っ赤になるのは体質であるようですね。真っ赤になってから顔がもとに戻るまでの時間もあまり変わりませんでした。

飲める量が増えた?

苦手なビールを飲む量が毎日少しずつ増えました。お酒が体に入るキャパシティのようなものは、毎日飲むことで広がりました。筆者は、そもそも水分を一気に飲めないタイプなので一気飲みはとても苦手だったのですが、一気飲みできる量が増えたことに驚きました。お酒を飲める量の限界を知っている人は多いと思います。しかし、その限界は1週間生活をすると伸びるのかもしれませんね。

ビール嫌いがビールを注文

皆さんはビールが飲めますか? 筆者はお子様な舌を持っているので、ビールがずっと苦手でした。1週間毎日ビールを飲んでいたことで徐々にビールに対するハードルが下がり、一週間生活の後半は生ビール1杯を飲み切ることができるようになりました。仕事終わりの1杯が美味しいというように、筆者は疲れた時のビールの一口目が美味しいと思えるようになりました。これがきっかけとなり、なんと一人で居酒屋に入ることができました。料理と一緒に「生ビールで!」とお酒を頼むことができたときはとても爽快でしたね。今までは生ビールは美味しくないし、たくさん飲めないから無理だと思っていたので、一人で生ビールを頼めるようになったのは大きな成長です。

ビールが苦手という人はとりあえずたくさん経験を積んで慣れることが一番の近道かもしれませんね。自分の口に合うビールや、仕事終わりや風呂上がりなど自分自身が美味しいと感じるタイミングを知ることも重要です。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか? 今回は、1週間毎日友人と飲みに行ったらお酒に強くなるのかという検証を行いました。もともとお酒に弱い人が1週間でお酒に強くなることはできませんでしたが、一気飲みできる量が増えたり、飲めなかったビールが飲めるようになったりして成長を感じることができました。

お酒が弱くて悩んでいる人も、少しずつ慣れることで楽しいお酒の飲み方ができるようになると良いですね。

スポンサーリンク