Challenge

【検証】レシート買取アプリ「ONE」を使えば9ヵ月でいくらお金が貯まるのか

レシートを換金してみた
スポンサーリンク

皆さんはもらったレシートをどうしていますか? そのまま捨てている人、家計簿につける人、そもそもレシートをもらわない人、様々な人がいると思います。実は、そのレシートがお金になることを知っていましたか?

筆者も前まではレシートをもらわなかったり、もらってもすぐに捨てたりしていました。しかし、レシートがお金になることを知ってからは、レシートを必ずもらうようになりました。

お財布にレシートが溜まっているという人!溜まったレシートをお金に換えてちょっとした贅沢をしてみませんか?今回はレシート買取アプリ「ONE」についてと実際に9か月間使ってみてお金がどのくらい溜まったのかを紹介します。

スポンサーリンク

ONEの使い方

レシートの写真を撮るだけ

ONEの使い方は簡単です。レシートの写真を撮って送るだけ!レシート1枚につき、1~10円の値段がつきます。

しかし、注意点がいくつかあります。

  • 2か月以内にもらったレシートであること
  • 一日に買い取ってもらえるのは5枚まで
  • 電子マネーチャージ利用の控えやクレジットカード利用の控えは対象外となる

このような注意点に気をつければ、どんなレシートでも買い取ってもらえます。

レシート1枚の値段が1~10円となっていますが、ほとんどのレシートは1円で買い取ってもらえます。たまに2円や10円で買い取ってもらえることもあります。

僕がこのアプリを使っていて気づいたことは、買った品物によって値段が決まっている訳ではないということです。今までこのアプリを使って10円レシートが5回、2円レシートが4回出ましたが、それらのレシートは食料品だったり、衣服だったり。1円以外のレシートに共通点が見られなかったので、レシートの値段決定には運要素があるかもしれません。毎回レシートを送る際、ドキドキしますね!

お金が貯まったら?

レシートを送って貯めたお金は、銀行口座を設定しておけば出金することができます。ただし300円の手数料がかかってしまうので注意。

筆者のオススメはチケットに交換です。この場合は10%の手数料がかかります。つまり100円分のチケットは110円で交換できることになりますね。

JCBのギフトチケットだけでなく、Uber Eats、ハーゲンダッツ、Amazonなどのギフト券や、楽天ポイント、Pontaポイントなどにも交換できます。交換先の種類が豊富なので、自分が良く利用するサービスのチケットも見つかるかもしれませんね。

レシート以外でもお金が貯まる

レシートの写真を撮る以外にも、ネットショップで購入した際に送られてくる領収書や購入明細のスクリーンショットでも、1~10円の値段で買い取ってもらえたり、アンケートに回答しても1円もらえたりします。

また、定期的にキャンペーンが行われており、条件を満たす商品を購入すれば、抽選で景品が当たることも!

スポンサーリンク

ONEの仕組み

「なぜレシートを送るだけでお金がもらえるの?」と疑問に思う人もいることでしょう。

実はONEから送られたレシートの情報は、マーケティングに活用されています。レシートには購入者が買った商品、買った時間、買った場所など様々な情報が含まれていますよね。商品を製造、販売する企業は消費者の購買動向を知るために、ONEからレシートの情報を買い、自社商品のマーケティングにこの情報を生かしています。

例えば、企業は□□店で△△時に○○が良く売れているという情報を得ます。すると、この企業はより自社製品を買ってもらえるようなキャンペーンをより効果的な時間に行い、自社製品の売上を上げることができます。

このようにONEは企業に消費者の情報をレシートを介して提供することで、企業から報酬を得ており、企業はONEから消費者の情報を得て、より良いサービスを消費者に提供することができます。

スポンサーリンク

ONEを9か月間使ってみた結果

3ヵ月目

まずはONEを3ヶ月間使ってみた結果です。どのくらいのお金が貯まったのでしょうか?

結果は240円でした。思ったより少ないと感じましたか? 僕は今までは捨てていたレシートが3ヶ月で240円になったことにびっくりしています 。毎日コツコツとレシートの写真を撮って送らないとお金は貯まりませんが、普段捨てているレシートが簡単にお金に換わるのでおすすめです。

9ヵ月目

9ヵ月目にはいくら貯まったのでしょうか。

結果は489円でした。9ヵ月で489円だと1年で650円程貯まる予想です。毎日の積み重ねが大切ですが、貯まったお金で自分へのご褒美を買うのも良いですね。

ONEの欠点

ONEでは、1日に送れるレシートの枚数が限られています。そのため、毎日コツコツとレシートを送らなければいけないのが大変です。「一気にレシートを送ってしまいたい」というようなめんどくさがりな性格の人や大雑把な性格の人には向いていないというのが欠点として挙げられます。

ポイント好きや毎日コツコツと行うのが得意な人には向いているので、是非試してみてくださいね。

最後に

いかがでしたか?

今回はレシート買取アプリONEについてと実際に3か月間使ってみて、お金がどのくらい溜まったのかを紹介しました。

レシートは買い物しているとお財布に自然と貯まっていくので、気軽にお小遣い稼ぎができちゃいます。皆さんも是非、レシート買取アプリONEを使ってみてください!

「ONE」ダウンロードはこちら

スポンサーリンク