【初心者やずぼらさん必見!】手を抜いて超美味しいスパイスカレー作る方法とは?

スポンサーリンク
スパイスカレー作ってみたFood

「スパイスカレー難しそう」と思っていませんか? 出来る限り手を抜いて、激うまスパイスカレーを作りたいですよね。今回は、手間を省きまくった超カンタン㊙スパイスカレーのテクと作り方を紹介します。

スパイスカレーの魅力は、カレールーとは違ってヘルシーでスパイスの香りが抜群なところ! スパイスカレーを自分で作ることで、スパイスにも詳しくなり、自分好みに食材やスパイスを調製できるので、味の違いを楽しむことができます。また、スパイスカレー作りはみんなに自慢できますよ。

スポンサーリンク

スパイスカレーを作ろうと思ったきっかけ

スパイスカレーを作ろうと思ったきっかけは、友人への対抗心です。

小さい頃から、父がよく作ってくれていたのですが、スパイス揃えるのが大変そう、、手間がかかりそう、と逃げてました。

何事も影響されやすいタイプの私は、友人がスパイスカレーにハマって毎日のように作っている様子をみて、やってみたい!私も作ってみたい!と思い挑戦してみました。

スポンサーリンク

スパイスカレーを作るための準備

スパイスカレーと聞くと、大変そう、難しそう、と思う人も多いのではないでしょうか? 筆者も始めはそう思っていました。しかし、実際に作ってみると、スパイスカレーは少ない材料で出来てしまう意外と簡単な料理だったのです!

必要な調理器具

スパイスカレーを作るために必要な調理器具は以下の通りです。

  • まな板
  • 包丁
  • 大きめの鍋
  • 木べら
  • おたま

家にある調理器具で簡単に作れるのは嬉しいですね。

必要なスパイス 

スパイスカレーを作るために最低限必要なスパイスは、たったの3種類!!

  • クミン:シードでもパウダーでもOK!
  • コリアンダー:パウダー
  • ターメリック(ウコン):パウダー

※クミンはパウダーよりシード(種)の方が、より強い香りが出ます。

心配になりますが、この3つさえあれば、最高に美味しいスパイスカレーになるのでご安心を!一度のカレーに使うスパイスの量は、各スパイス、ティースプーン一杯程度。スパイスは高いイメージですがコスパは抜群です!!

他にスパイスを加えるとさらに複雑な味になっていきます。+αにおすすめなスパイスは、カイエンペッパー(辛味)、ローリエ(さわやかな香り)、ローズマリー(甘く爽快な香り)、シナモン(甘い香り)です。スパイス色々買うのが面倒な方!なんと、スパイスセットが売ってます!

かめ
かめ

市販のスパイスセットは1000円程度で購入できるよ!

まずは、基本のスパイス3種でスパイスカレーを作ってみて、徐々に自分の好きなスパイスを追加購入していくのがいいよ!

スパイスに詳しくなれるので友達に自慢できる!

超カンタン㊙スパイスカレー

必要な具材(2人前)

2人前のスパイスカレーを作る目安の食材量は以下の通り。

  • 食材
    • 玉ねぎ:2個
    • ニンニク:1片
    • ショウガ:ニンニクと同量程度
    • トマト缶(コンソメと水でも代用可能)
    • ヨーグルト:スプーン一杯
  • 調味料
    • 基本的なスパイス3種(クミン、コリアンダー、ターメリック):ティースプーン1杯ずつ
    • 塩:小さじ1

他のレシピに比べて細かく書いていないのは、みんなにアレンジしてもらいたいから!多少食材が少なかったり多かったりしても、美味しくなるのがスパイスカレー!自分だけのオリジナルカレーを作っていきましょう!!

ずぼらさん向けの㊙テクニック&作り方

野菜を切る

切り方

切る野菜は、玉ねぎ、ニンニク、ショウガです。香りは多少落ちますが、ニンニクチューブやショウガチューブを使うのもOKです。簡単なカットの方法はこちら。

  • たまねぎ:スライス
  • ニンニクとショウガ:みじん切り
うさぎ
うさぎ

スパイスカレー作りで、いかに手を抜いて美味しいものを作るか。

それは、たまねぎの切り方にかかっているよ!

一般的には、玉ねぎはみじん切りにするんだけど、スライスだとカンタン!

繊維を断ち切るようにスライスすることで甘味がでるよ!!

野菜を炒める

玉ねぎの炒め方

フライパンを熱して多めに油を敷きましょう。減らしたいところですが、クミンやニンニクの香りが油に移って、香りが保たれますし、玉ねぎも炒めやすくなりますよ!

クミンシードを入れていい香りがしてくるまで中火で炒めます。(※クミンパウダーの場合は、香りが飛びやすいので、トマト缶を入れるタイミングか仕上げの時にいれます。)

クミンのいい香りがしてきたら、ニンニクショウガを入れて軽く炒め、玉ねぎを入れます。

あめ色になるまで頑張って頑張って炒めます!!焦げないように火力を調節してくださいね。

炒めるほど甘くなり、玉ねぎの青臭さが抜けていきます!あきらめないで~!

うさぎ
うさぎ

スパイスカレー作りでは、スパイスを入れるタイミングが大切。

種のままであるシードは、香りが飛びづらく、硬いので油で煎って香りを引き出すよ!

加熱が不完全なシードは雑味を出すので、しっかりと加熱しよう!

パウダーは、細断されているので、香りが飛びやすい。

だから、仕上げの時や玉ねぎを炒めた後に入れることが多いよ!

煮込む

煮込む

次の工程では、トマトをいれてグツグツ煮込んでいきます。

あめ色になった玉ねぎに、トマト缶残りのスパイス全てを加えて弱火で煮込みます。トマトは長く加熱するほど、酸味が飛び、角がとれて まろやかになります。ドロドロしているときは水を加え、時々焦げないようにかき混ぜてください。15分ほど煮込んだらヨーグルトを加え、味を整えます。

味が整えば完成!あなただけのスパイスカレーの出来上がりです。

うさぎ
うさぎ

味見をして、何かが足りないと思った人にアドバイス。

カレー感がもっと欲しいと思ったあなたは、クミンパウダーを一振りかけてみて!カレーの香りが増してさらに美味しくなるよ!!

コクが欲しいと思ったあなたは、魚醤や味噌、コンソメを入れてみて旨みがプラスされて、コクがでるよ!入れすぎは、味が変わっちゃうから、隠し味でこそっと入れてみてね。

スパイスカレーの味変

基本的なスパイスカレーの作り方は同じですが、食材置き換えたり、新しく加えたりすることで、新しい味が楽しめるのが、スパイスカレーの面白いところ! 一体どんな食材が合うのでしょうか?

  • 置き換え
    1. トマト缶をホウレンソウペーストに置き換える→ホウレンソウカレー(サグカレー)
    2. トマト缶をココナッツミルクに置き換える→ココナッツカレー
    3. ヨーグルトをココナッツミルクに置き換える →トマトココナッツカレー     など
  • 加える
    1. 鶏肉とバターをプラス→バターチキンカレー
    2. なすとチーズをプラス→チーズなすカレー
    3. ひよこ豆をプラス→豆カレー(チャナマサラ)
    4. 豆と野菜をプラス→野菜カレー(サンバル)   など

一つの食材を置き換えるだけで、全く違う味になるのが想像できますよね!肉ではなく魚に置き換えてみたり、レモンを加えてみたり、意外とどんな食材でも合います。私は、実験感覚で色々な食材で試すことにハマっていますよ。

トッピング

みどりの野菜で彩りを足してみたり、おかずを盛り付けたりするだけでも、口休めになりオシャレなカレーに変身できますよ。盛り付けのセンスは大切ですが。

バターチキンカレーを作ってみた!

鶏肉とバターを加え、バターチキンカレーに挑戦してみました!

実際に作ったカレーはこちら↓

バターチキンカレー

美味しく作る こだわり

美味しく作るためにこだわったのが、こちら↓

  • 鶏肉は手羽元を使うこと!鶏肉の骨は出汁がよく出るので、カンタンに美味しくなります!
  • よく煮込むこと!味が馴染んでまろやかになっていきます。
  • バターを仕上げのタイミングで入れること!バターの香りが飛ばないので、少量入れるだけで美味しくなります!

少しの工夫で美味しくなるのがいいですね。味はまろやかでスパイスが効いていて、とても美味しかったです。トッピングには、ジャガイモのガレットを載せました。多少何かを間違えても、失敗しても、美味しくなるのがスパイスカレーです。安心して作ってみてくださいね。

まとめ

スパイスカレー作りの難しそうなイメージは変わりましたか? 作れば作るほど奥が深いですが、スパイスカレーは初心者でも意外とカンタンに作れることがわかってもらえたら、とても嬉しいです。

スパイスカレー作りの本当の楽しさは、挑戦してみなければわかりません。新たな趣味にスパイスカレーはいかがですか?

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました