【伸びる人は知っている】社長から聞いた”働く上で大切な3つの視点”

スポンサーリンク
社長から聞いた”働く上で大切な3つの視点”Challenge

社会に出たら仕事を頑張って成長したいと思っている人は多いですよね。同じ仕事をしていても、伸びる人伸びない人の差は何なのでしょうか?

今回は、営業マンとして大活躍していた社長に聞いた”伸びる人は知っている働く上で大切な視点”を紹介します。これで、あなたも伸びる人の仲間入りですね。

スポンサーリンク

社会に出ることとは?

大学を卒業すると社会へ出ることになります。社会は良い意味でも悪い意味でも全ての責任が自分にある環境です。全ての行動や言動に責任が伴うのはもちろんですが、働き方や生き方も全て自由です。

就活という人生のターニングポイントに立ったあなたは、どのように生きていきたいと考えていますか? 大手企業への就職を目指す人、就職しようか迷っている人、夢を追いかける人など様々ですが、自分自身が納得できるならどのような生き方でも良いと思います。しかし、社会では何が求められてどういう力が必要になるのかを知っておくことは大切です。今回は、大学生の筆者が社会で働いた時に社長から学んだ、社会で働く上で大切な視点を紹介します。

スポンサーリンク

働くうえで大切な視点

社会では価値が求められる

アルバイトとは異なり、ただその場にいるだけでは務まらないのが社会です。その人が必要だから雇用しているため、それなりの価値が求められます。価値の種類は業種・職種によって異なりますが、会社が求める価値に沿ってこそ、お給料がもらえるという認識を持たなければなりません。自分が社会に何を求められているのか分かって仕事をするのと、分からないまま仕事をするのでは仕事に対する取組み方が異なりますよね。伸びる人は自分の価値と価値の高め方を知っているのです。自分の価値は何なのか、何を提供できるのかという視点で自己分析してみましょう。

筆者は就職後に言い訳をしながらダラダラと生活する想像をしていたのですが、実際の社会は価値がなければクビを切られるような厳しいものだと学びました。社会では価値を求められていて結果を出さなければならないということを知るだけで、社会に出てからの働き方が変わりますね。

どの仕事も基本はコミュニケーション能力

あなたがどの仕事に就くにしても重要なのがコミュニケーション能力だということを知っていましたか? コミュニケーション能力はただ上手く話すだけではなく、相手の話を聞き出したり、その場を盛り上げたり仕事や人間関係を円滑に進めるために重要な基盤となります。大学生活で自分のどのスキルを伸ばそうか悩んでいる人はコミュニケーション能力を鍛えましょう。

友人と仲良くなるまでは話せなかったり、大人数では発言できなかったりコミュニケーションの悩みはつきませんよね。筆者自身もコミュニケーションは得意ではありません。そんな筆者が、営業というコミュニケーション能力が求められ、鍛えることができる仕事をしたことで自分自身のスキルの低さに気づいたのはもちろんですが、コミュニケーション能力は自分から鍛えに行かないと身につかないということを学びました。コミュニケーション能力が低いと自覚している人は、自ら行動に移し学び取っていきましょう。待っていては何も得られません。

伸びる人伸びない人の差は反省力

同じ仕事を任されても伸びる人と伸びない人がいるのはなぜなのでしょうか。それは能力以上に反省力にあるといえます。失敗してしまった時は誰でも落ち込みますが、その時に原因とその解決策を考えて次の行動に移すことが重要です。何が原因で失敗してしまったのか、次はどう行動すれば失敗しないのか、客観的に分析して行動に繋げていくことがあなたの成長の助けになるでしょう。これは失敗した時だけではなく上手くいった時にも、なぜ成功出来たのかを深掘ると良いでしょう。

失敗した時はあまりそのことを考えたくないですよね。しかし、伸びる人はその失敗を糧に変えていることを知りました。筆者も自分自身で出来事を客観的に深掘りするように心がけていますが、ガラスのハートの持ち主なので失敗のことを考えると落ち込んでしまいます。そこで、成功した時上手くいった時だけ徹底的に深掘りをすることにしました。なぜ上手くできたのか、もう一度するためにはどうしたら良いのか、次の課題は何かなど、成功した時だけでも考えることがたくさんあります。伸びる人は、反省力ならぬ思考力が鍛えられている人ですね。

おわりに

いかがでしたか? 今回は、”伸びる人は知っている働く上で大切な視点”を紹介しました。社会に出てから必要になる考え方とスキルが分かったと思います。

この視点を持っておけば普段の生活の質も上がりますね。小さな努力の積み重ねが、あなたの成長に繋がります。

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました